/

天皇陛下「国民に心から感謝」 最後のお言葉

退位礼正殿の儀

(更新)

30日午後5時すぎ、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」が執り行われ、天皇陛下が国民に向けて在位中、最後となるお言葉を述べられた。

陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」としたうえで、「明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べられた。

憲政史上初となったこの儀式には、天皇、皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻ら皇族方、三権の長や地方自治体の代表ら約300人が出席した。

平成最後の日となる30日は、午前中から皇居・宮中三殿で退位礼の挙行を報告する宮中祭祀(さいし)も営まれ、国事行為の「退位礼正殿の儀」で、3月から続いた一連の退位の儀式は終了。両陛下はこの後、夜にかけて、関係者からあいさつを受けられる。

「退位礼正殿の儀」でお言葉を述べる天皇陛下(30日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影
「退位礼正殿の儀」に臨む皇太子ご夫妻(30日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン