広告減速、グーグルに逆風 技術開発に影

2019/4/30 15:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルの親会社アルファベットが成長鈍化の壁に直面している。29日発表した2019年1~3月期の売上高は前年同期比伸び率が17%増と14四半期ぶりの低さとなった。主力の広告事業で競争が激化し、各国規制当局の視線も厳しさを増す。稼ぐ力の衰えは、人工知能(AI)など新技術の開発にも影響を及ぼしかねない。

「売上高の伸びについてもう少し説明してくれ」。アルファベットの決算…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]