/

この記事は会員限定です

名前と元号、重ねた30年 「平成さん」にも時代の節目

[有料会員限定]

30年あまり続いた「平成」の時代が、きょう幕を下ろす。元号を名前に持ち、平成とともに生きた人々はどんな思いで時代の節目を迎えたのだろうか。「平成さん」たちに元号が終わることへの感慨や、新たな「令和」時代への抱負を聞いた。

「平成が終わる寂しさはあるけれど、これからも家族を支えて生きることには変わりない」。京都府京丹後市の吉岡平成(としなり)さん(30)は晴れやかに語る。父の久幸さん(59)が営む金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン