天皇陛下「退位礼正殿の儀」へ 午後5時すぎにお言葉

2019/4/30 9:38 (2019/4/30 11:35更新)
保存
共有
印刷
その他

30日午前10時すぎ、天皇陛下の退位の儀式が始まった。午前に皇居・宮中三殿で皇室の祖先、歴代天皇などに退位礼の挙行を報告する宮中祭祀(さいし)が行われ、午後5時からの「退位礼正殿の儀」では国民に向けて在位中最後のお言葉を述べられる。その後も夜にかけて儀式とは別に関係者からのあいさつを受ける行事が続く。30日で30年余にわたった平成の時代が終わり、日付が5月1日に変わるのと同時に令和が始まる。

【関連記事】「国民に心から感謝」 天皇陛下の最後のお言葉全文

午前に行われたのは退位関連儀式の宮中祭祀「退位礼当日賢所大前の儀」と「退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀」。厳かな雰囲気の中、皇太子さまや秋篠宮さまらが参列。体調面への配慮から、皇后さまは御所で待機された。雅子さまも出席されなかった。

沿道の人たちに笑顔を見せながら皇居に入る皇太子さま(30日午前、皇居・半蔵門)

沿道の人たちに笑顔を見せながら皇居に入る皇太子さま(30日午前、皇居・半蔵門)

朝から降り続いた小雨は、祭祀の直前にやみ、木々に囲まれた宮中三殿にはうっすらと日差しが差し込んだ。鳥のさえずりが響く中、陛下は重要儀式の際に身に着け、天皇専用の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」姿で賢所に姿を見せられた。賢所には皇祖神である天照大神が祭られている。

陛下は侍従2人を従えて回廊をゆっくりと進み、一礼した後、いったん背筋を伸ばし、中へ入られた。内陣に進んで拝礼し、退位礼を執り行うとの趣旨の御告文(おつげぶみ)を読み上げられた。約10分後、拝礼を終えられた陛下は穏やかな表情だった。歴代天皇や皇族の霊を祭る皇霊殿、神々を祭る神殿でも同様の所作を繰り返された。

皇居に入る秋篠宮ご夫妻(30日午前)

皇居に入る秋篠宮ご夫妻(30日午前)

皇居に入る秋篠宮家の長女、眞子さま(手前)と次女、佳子さま(30日午前)

皇居に入る秋篠宮家の長女、眞子さま(手前)と次女、佳子さま(30日午前)

午前の祭祀は午前11時16分に終了。宮内庁の山本信一郎長官は「感謝の気持ちと寂しい気持ちで見守った」と話した。

【関連記事】天皇退位の儀式、所作に配慮

退位に向けた最後の儀式となる「退位礼正殿の儀」は午後5時から皇居・宮殿で行われる。会場は宮殿内で最も格式が高いとされる「松の間」。皇太子ご夫妻をはじめ皇族方、三権の長や地方自治体の代表ら300人以上が参列を予定する。

儀式ではまず、天皇、皇后両陛下が皇位のしるしである神器などを持った侍従らと共に入室。安倍晋三首相が国民代表としてあいさつを述べた後、陛下がお言葉を述べられる。

全体の所要時間は約10分間で、陛下のお言葉は皇位継承には触れず、国民への謝意などを示されるにとどまるとみられる。天皇の政治関与を禁じる憲法への配慮から、陛下が自らの意思で天皇の地位を譲ったと受け取られないよう、儀式中は神器に一切触れられない段取りとなっている。

その後も両陛下の行事は続く。宮殿内の部屋を回りながら、皇族方や元皇族、宮内庁の現役職員や元職員など、様々な関係者から順にあいさつを受けられる。全ての日程を終えるのは夜になる見込みで、翌5月1日午前0時をもって皇太子さまが新天皇に即位される。

一連の退位関連儀式は、3月の「賢所に退位及びその期日奉告の儀」から始まり、両陛下は3~4月に神武天皇陵や伊勢神宮などを参拝されてきた。両陛下は主な公務を終えた27日以降、30日の退位当日に備え、お住まいの御所で静かに過ごされてきたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]