中国ZTEの1~3月期、黒字転換 売上高は減少、通信設備など不振

2019/4/29 21:17
保存
共有
印刷
その他

【広州=川上尚志】中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)が29日発表した2019年1~3月期決算は、最終損益が8億6260万元(約143億円)の黒字だった。前年同期の54億元の赤字から回復した。18年は米国の制裁による業務停止や罰金支払いで業績が大幅に悪化したが、足元では影響が和らいだ。ただ売上高は減少し、経営環境は不透明感が残る。

売上高は19.3%減の222億元だった。地域や事業別の詳細な内訳…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]