国内スタートアップ投資5年で8倍 IPO調達上回る

2019/4/29 21:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業による国内スタートアップへの投資が拡大している。2018年度の投資額は約3500億円と、5年前の8倍強に達した。新規株式公開(IPO)での資金調達額を上回っている。デジタル化の進展などで大企業単独でのイノベーションは難しくなっている。焦りを強める大企業がスタートアップの取り込みに雪崩を打っている。

M&A(合併・買収)助言のレコフ(東京・千代田)がまとめた18年度の投資額は3457億円と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]