2019年6月27日(木)

米ツアー ズームアップ

フォローする

ベテランが若手とせめぎあう ゴルフの持つ多様性
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2019/5/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

2015年、ジョーダン・スピース(米国)がマスターズ・トーナメントと全米オープンを制し、四大大会で連勝したのは21歳のときだった。彼は2年後の17年に全英オープンのタイトルも獲得し、生涯グランドスラムに早々とリーチを掛けた。

同じ年、スピースとは同級生で、ジュニアの頃から競ってきたジャスティン・トーマス(米国)が全米プロ選手権で優勝。その1カ月後には年間王者となると、賞金1000万ドルを手にした。

2016~17シーズンはトーマスをはじめ20代の選手がフェデックスカップの上位を占めた=AP

2016~17シーズンはトーマスをはじめ20代の選手がフェデックスカップの上位を占めた=AP

あの2016~17シーズン、フェデックスカップの最終ランキングは、1位/トーマス(24)、2位/スピース(24)、3位/ザンダー・シャウフェレ(米国、23)、5位/ジョン・ラーム(スペイン、22)、7位/リッキー・ファウラー(米国、28)、8位/松山英樹(日本、25)と、20代の選手が上位を占めている。

※ カッコ内の年齢はすべて当時

また、あのシーズンはなんと、29大会を20代の選手が制した。プレーオフ最終戦「ツアー選手権」には、フェデックスカップのランキング上位30人しか出場できないが、40代の選手はわずか3人だけ。もう、この時点で若い選手の実力は疑いようがなく、世代交代の波にベテランたちがのまれていった。

■ベテラン勢の巻き返し

ところが、今季はどうも様相が異なる。

先日、43歳のタイガー・ウッズ(米国)がマスターズ・トーナメントで逆転勝ちし、今季メジャー初戦で鮮やかな復活を遂げたが、今季、40歳以上の選手がトーナメントで勝者となったのは、早くも彼で4人目となった。

・マット・クーチャー(米国 40歳/2勝):マヤコバ・クラシック、ソニー・オープン

・フィル・ミケルソン(米国 48歳):AT&Tペブルビーチ・プロアマ

・ポール・ケーシー(英国 41歳):バルスパー選手権

彼ら以外にも、30代後半の選手が結果を残している。

・ジャスティン・ローズ(英国 38歳):ファーマーズ・インシュアランス・オープン

・J・B・ホームズ(米国 37):ジェネシス・オープン

・グレーム・マクダウエル(英国 39):コラレス・プンタカナ選手権

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
今年の全米オープンゴルフはウッズが19年前に圧勝したペブルビーチ・ゴルフリンクスを舞台に行われる=共同共同

 6月13日から、米カリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスで男子ゴルフの第119回全米オープンが開催される。
 米国において、もっとも全英オープンに近い雰囲気を感じられるとしたら、このペブルビー …続き (6/5)

今年のマスターズは43歳のウッズが優勝。20代も40代も同じ土俵で戦うのがゴルフの魅力=共同共同

 2015年、ジョーダン・スピース(米国)がマスターズ・トーナメントと全米オープンを制し、四大大会で連勝したのは21歳のときだった。彼は2年後の17年に全英オープンのタイトルも獲得し、生涯グランドスラ …続き (5/1)

スピースはマスターズ・トーナメントで復活の足がかりをつかめるか=USA TODAYUSA TODAY

 男子ゴルフのジョーダン・スピース(米国)が4月11日開幕のマスターズ・トーナメントで勝つ確率はどのぐらいあるのだろうか。例年なら必ず優勝候補として名前が挙がるが、残念ながら今回、そうみなす人は少ない …続き (4/3)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。