米、6カ国協議再開に否定的 ボルトン氏が米朝対話継続に意欲

2019/4/29 13:19
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は28日のFOXテレビのインタビューで、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の再開について否定的な見方を示した。「6カ国協議は過去に失敗したやり方だ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は米朝1対1の話し合いを求めていると思う」と述べた。

ロシアのプーチン大統領は先の金正恩氏との会談で、6カ国協議の再開に意欲を示していた。ボルトン氏は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]