日サウジ外相会談 脱・石油経済改革で協力

2019/4/28 18:43
保存
共有
印刷
その他

【リヤド=木寺もも子】河野太郎外相は28日午後(日本時間同日夜)、訪問先のサウジアラビアでアッサーフ外相らと会談した。サウジが進める脱・石油の経済構造改革へ協力の強化を確認したほか、日本が2019年、サウジが20年のホスト国を務める20カ国・地域(G20)首脳会議へ連携も協議した。同日午前にはサルマン国王を表敬訪問し、国王は日本企業の進出増に期待を示した。

サウジのアッサーフ外相(右)と会談する河野外相(28日、リヤド)

若年層の人口が急増しているサウジは、石油輸出に依存する経済を多角化し、雇用を生むための産業創出を急いでいる。外相会談の冒頭、河野氏は「サウジの改革の成功は、中東地域全体の安定にとって重要だ」と述べ、日本として協力する考えを伝えた。

サウジは最大の原油輸入先で、改革を支援することは日本のエネルギー安全保障の強化にもつながる。17年には経済特区の設立などを盛り込んだ「日・サウジ・ビジョン2030」で合意した。

17年8月に外相に就任した河野氏の外遊は今回のサウジで延べ100カ国・地域となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]