英では離脱派と残留派が激突 「代理国民投票」の様相に
ブレグジット党「反EU勢力と連携も」

2019/4/28 16:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】欧州連合(EU)離脱の期限が最長で10月末まで延期されたことを受け、英国でも各党が欧州議会選挙の準備に入った。離脱問題の混迷が続くなか、早期の離脱を訴える政党とEU残留を主張する政党がぶつかり、保守、労働の二大政党が埋没しそうな展開になっている。現地では欧州議会選について、EU離脱の是非を問い直す「プロキシー(代理)国民投票」との表現も出始めた。

英・EUの合意では、英議会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]