犬島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

コラム(地域)
2019/4/28 15:54 (2019/7/24 17:10更新)
保存
共有
印刷
その他

(1)名和晃平「F邸/Biota(Fauna/Flora))」★★★★

犬島の古民家を利用して妹島和世が建屋を設計し、内部に作家たちが作品を展示する企画「家プロジェクト」の一つ。F邸では、雲のようにむくむくわき上がる白い塊が部屋いっぱいに広がる。スポットライトを使って表現したのはビッグバンを思わせる大爆発だ。生命が誕生する瞬間を島の動植物や海の精霊をイメージして表現したという。

(2)荒神明香「S邸/コンタクトレンズ」★★★★

家プロジェクトの一つ。透明なアクリル壁の内側に大小の円形レンズが浮かび、島の風景を様々に映し出す。島の景色が違って見える。島の魅力を再発見するという瀬戸芸の狙いに合致する。

(3)ベアトリス・ミリャーゼス「A邸/Yellow Flower Dream」(新作)★★★

家プロジェクトの一つ。広場に円を描くように建てられた透明なA邸にくっきり色鮮やかな模様を浮かび上がらせる。自然や島の人々の生命力を表現したという柄と色使いはカラフルでポップ。円形の建物の内側に入ってみたり外側を回ってみたりすると、刻々とその印象も変化する。

(4)半田真規「C邸/無題」(夏のみ)★★★★

家プロジェクトの一つ。築200年の集会所を改装した建物は、風が吹き抜け涼やかだ。その中に、くすのきの木材で作られた巨大な切り花が横たわる。日本画の絵の具で染められ、香りが漂う。祝福や追悼といった場面でささげられる切り花。島の歴史や自然、暮らしを営む人々に手向けられているようだ。

(5)オラファー・エリアソン「I邸/Self-loop」★★★

家プロジェクトの一つ。海のほとり、色とりどりの植物が映える庭を持つI邸は白い壁と大きなガラスが印象的。建物内部には3つの鏡が配置され、その中央に立つと鏡の中に鑑賞者自身の姿が無限に連なる。生命のにおいが希薄な真っ白な部屋と生命力を放つ緑豊かな庭の風景が対照されつつ、鏡の中の風景で一体となる。

(6)淺井裕介「石職人の家跡/太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」★★★

家が密集する集落にぽこっと空いた広場のような空間。地面に動物や植物が白い素材で描かれている。かわいらしい表情とキャラクターをもつ動植物たちが壁、地面に広がる様は、作品タイトルからも古代の人々が洞窟などに描いた壁画を思わせる。

(7)柳幸典(アート)/三分一博志(建築)「犬島精錬所美術館」★★★★

かつての銅精錬所の跡地を美術館として再生。日本がかつて突き進んだ近代化を象徴する産業遺産の内部に、日本の近代化のあり方に疑問を投げかけた作家・三島由紀夫を巡る作品が並ぶ。建物自体に様々な仕掛けが施され、その空間を通ることで作品が放つ放つ強いメッセージが体感として伝わってくるだろう。

(8)妹島和世「中の谷東屋」★★★

磨かれたアルミの屋根がUFOのように覆う休憩所。ひんやりとした印象の金属を使いながらも自然豊かな風景がそこに映り込み、周囲に違和感なく溶け込む。中に入ると足音や物音が高く澄んだ反響音となって空間を舞う。

(9)妹島和世+明るい部屋「犬島くらしの植物園」★★★

海辺に広がる土地にビニールハウスと様々な植物が茂る植物園。にわとりも元気に園内や園の周囲を走り回る。緑に囲まれながらゆったりとした時間を過ごすことで、食べること、エネルギー、生きることすべてを考えるきっかけを与えてくれる。

【関連記事】「瀬戸芸」夏会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]