/

この記事は会員限定です

[社説]一帯一路は国際基準順守を

[有料会員限定]

中国が広域経済圏構想「一帯一路」の軌道修正を迫られている。習近平国家主席は北京で開いた2回目の一帯一路首脳会議で相手国の財政的な持続可能性にも配慮する姿勢を見せた。中国は、事業実施にあたり国際基準を順守する方向へ明確にカジを切るべきだ。

一帯一路を巡っては、借金を返せない国の重要インフラ接収など「債務のワナ」への指摘が広がった。債務免除と引き換えに中国に99年間、貸し出されたスリランカ・ハンバント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン