/

この記事は会員限定です

[社説]高校生の主体性を生かせる就活ルールに

[有料会員限定]

2020年春の企業の新卒採用に向け、大学4年生は就職活動を始めている。その陰に隠れてみえにくいのが、高校生の就活ルールの問題だ。

たとえば一定期間は生徒が1社にしか応募できない1人1社制の緩和は、就活生と企業の双方にとってプラスになるだろう。厚生労働・文部科学省、経済界、学校側が一体になり、若者の主体性を生かせる規制改革で足並みをそろえてほしい。

高卒で社会に出る若者は毎年18万人程度。大学生の就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン