[社説]高校生の主体性を生かせる就活ルールに

2019/4/28 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年春の企業の新卒採用に向け、大学4年生は就職活動を始めている。その陰に隠れてみえにくいのが、高校生の就活ルールの問題だ。

たとえば一定期間は生徒が1社にしか応募できない1人1社制の緩和は、就活生と企業の双方にとってプラスになるだろう。厚生労働・文部科学省、経済界、学校側が一体になり、若者の主体性を生かせる規制改革で足並みをそろえてほしい。

高卒で社会に出る若者は毎年18万人程度。大学生の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]