欧州銀やまぬ再編圧力 コメルツ銀争奪戦、第2幕へ

2019/4/27 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】ドイツ銀行との統合交渉が破談になった独大手、コメルツ銀行が欧州の金融再編の焦点に浮上してきた。欧州では銀行過剰(オーバーバンキング)の状況が続き、再編圧力がやまない。デジタル化時代の到来も見越し、経営体力の向上を急ぐ動きが広がっている。

欧州は6千行を超える銀行がひしめく金融激戦区だ。銀行過剰には過当競争で銀行の収益を圧迫するだけでなく、一部の銀行が収益を維持しようとリスクを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]