8年連続で転職増、4割が中高年 雇用の流動化進む

2019/4/27 21:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内で雇用の流動化が徐々に進んでいる。2018年の転職者数は17年比5.8%増の329万人と8年連続で増えた。人手不足に悩む企業が中途採用を増やし、IT(情報技術)やサービス業に人材が移っている。中高年がより高収入を狙って転職する動きも出ている。ただ人の動きの活性化を生産性向上につなげるには課題もある。

総務省の労働力調査によると、18年の転職者数は08年(335万人)以来10年ぶりの高水準とな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]