2019年5月23日(木)

三菱UFJ、本部人員を半減 営業などに異動

金融機関
2019/4/28 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJ銀行は2023年度までに、本部に所属する社員数を半減する方針だ。業務の自動化システムなどを導入し、余裕ができた人員は営業部門や海外の拠点に異動させる。長引く低金利や異業種の参入で事業環境が厳しくなっており、人員配置を最適にして収益力を高める。

東京の本部には企画や管理などを担当する6000人程度の社員がいる。単純な事務作業では「RPA」(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ば…

約530人という新卒採用数は、旧三菱東京UFJ銀行が誕生してから最も少ない

三菱UFJ、20年春の新卒採用45%減へ[有料会員限定]

2019/4/1 13:09
三菱UFJフィナンシャル・グループは2019年3月期に1000億円規模の追加損失を計上する

三菱UFJ損失1000億円、子会社システム開発中...[有料会員限定]

2019/4/22 2:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報