/

この記事は会員限定です

令和の投資、3つの鉱脈 頭文字は「LCR」

[有料会員限定]

頭文字は「LCR」──。2ケタの市場関係者からの協力を得て、日経ヴェリタスが独自に令和時代の投資テーマを探った結論だ。Lは「命=Life-science」、Cは「つながり=Connectivity」、Rは「資源=Resource」。どれも、世界がより豊かで幸福になるために乗り越えなくてはならない「課題解決型」のテーマといえる。

新薬・通信が未来開く

多くの市場関係者が有望テーマに推したのは「命=Life-science...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン