イオン、割安PB7割拡充 簡易包装でコスト削減

2019/4/27 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンが低価格帯のプライベートブランド(PB)商品を拡充する。今後1年で食品の低価格品を現状より7割多い約500品目に増やす。包装コストなどを削減し価格を抑える。アイスや清涼飲料など食品メーカーが相次いで値上げに動くなか、イオンは逆に割安感をアピールして消費者を取り込む。

同社のPB「トップバリュ」のうち、低価格帯の商品群「ベストプライス」の品目を増やす。品質は維持しながら、包装資材を簡素化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]