2019年6月20日(木)

悠仁さまの机に刃物、防犯カメラに不審な男 警視庁が捜査

2019/4/27 12:50 (2019/4/27 21:49更新)
保存
共有
印刷
その他

秋篠宮家の長男の悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校(東京・文京)で26日、悠仁さまの机に果物ナイフが2本置かれているのが見つかった。捜査関係者によると、教室には当時誰もおらず、学校の防犯カメラには不審な男が校舎に出入りする様子が映っていた。警視庁は建造物侵入などの疑いで捜査している。

秋篠宮家の長男の悠仁さまが通われる付属中があるお茶の水女子大の正門(27日午後、東京都文京区)=共同

秋篠宮家の長男の悠仁さまが通われる付属中があるお茶の水女子大の正門(27日午後、東京都文京区)=共同

2本の果物ナイフは棒のようなものにテープでくくられ、悠仁さまの席と隣の席の間にまたがるように置かれていた。刃の部分はピンク色に塗られていた。当時、悠仁さまや他の生徒は別の場所で体育などの授業を受けており、教室は無人だった。生徒たちが戻る前に学校関係者が発見し、警察署に届け出た。

新学期ということもあり、悠仁さまを含め生徒の机にはそれぞれの名前が貼ってあったという。

防犯カメラには26日正午ごろ、ヘルメットをかぶり、上下青色っぽい服を着た中年くらいの男が校内へ入る姿が映っていた。男は1時間以内に校外へ出たという。同庁は男が悠仁さまのクラスの時間割を把握し、工事関係者を装って侵入した疑いがあるとみている。

悠仁さまは4月、お茶の水女子大付属小から同中学校へ内部進学された。

宮内庁幹部は27日、今後の対応について「警察と協議する」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報