2019年8月21日(水)

為替と数量規制、くすぶる火種 日米貿易交渉

2019/4/27 12:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=杉原淳一】安倍晋三首相とトランプ米大統領による26日午後(日本時間27日朝)の日米首脳会談では、貿易交渉の早期合意を目指す方向で一致した。通貨安誘導を禁じる「為替条項」と、日本からの自動車輸出にかける「数量規制」は取り上げられなかったが、今後の交渉の大きな火種としてくすぶり続けることになった。

【関連記事】トランプ氏、貿易交渉の5月妥結に意欲 日米首脳会談

「(首脳会談では)いずれも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。