2019年7月19日(金)

米朝トップダウン決裂のツケ払う金正恩氏

米朝首脳会談
朝鮮半島
北米
2019/4/27 15:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が27日未明、初のロシア訪問を終えて特別列車で戻った。独裁の強みを生かしてトランプ米大統領との2度の会談をたぐり寄せたものの決裂したことで、"トップダウン"方式のツケを払わされている。

米国との実務協議ではあえて中身を詰めきらず、首脳会談ごとに合意に導く――。北朝鮮指導部がトランプ氏を相手に描いてきたシナリオは、2月末にハノイで開いた米朝首脳会談で狂った。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。