2019年6月26日(水)

長期デフレで「実質」円安 名目レートとの落差顕著
円と金利の平成30年史(上)

経済
2019/4/28 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平成の30年間で最も円高だったのは、1995年だった――。こんな見方に違和感を持つひとも少なくないだろう。物価を考慮に入れた「実質」ベースで円相場の実力を測った結果だからだ。

【次回記事】緩和で市場の機能封印 長期金利8%→マイナスに

平成の円相場は円高が大幅に進んだ印象が強い。2011年に円は対ドルで史上最高値の1ドル=75円32銭を記録。それでも実質では95年よりも円安だった。物価を考慮に入れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報