2019年6月17日(月)

コーセー、42年ぶり国内工場の新設 正式発表

サービス・食品
小売り・外食
2019/4/26 22:57
保存
共有
印刷
その他

化粧品大手のコーセーは26日、山梨県に新工場を建設すると正式発表した。国内での工場新設は42年ぶり。投資額は最大250億円で、2021年度の稼働を予定する。化粧水など主力製品を増産し、訪日客が母国で日本製を求める「帰国後消費」を取り込む。

新拠点の「南アルプス工場」(仮称)は山梨県南アルプス市に開設する。敷地面積は11ヘクタールを超える。国内外で人気の化粧水「雪肌精」やシャンプーなどの主力製品を年間で1億個余り製造できる大型工場となる。

埼玉、群馬の両県にある既存工場と合わせた生産能力は合計で2倍に高まる見通しだ。新工場の雇用規模などは今後詰める。ラインの自動化で生産性を高め、日本の人件費の水準でも国際競争力を保てるようにする。

背景にあるのは中国や東南アジアでの旺盛な需要だ。18年に3千万人を超えた訪日客は帰国後も日本製を求める傾向が強い。とりわけ化粧品や日用品業界では日本の工場で生産した「日本製」へのニーズが強く、コーセーは17年に中国工場を売却している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報