配送や通勤、五輪に配慮 1200社が期間中協力

東京
社会・くらし
2019/4/27 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、道路や電車の混雑緩和に協力する企業数が伸びている。2月下旬に約500社だったが、2カ月弱で2倍以上に増えた。競技会場が集まる臨海部付近の企業の参加が目立つが、事業への影響をどう抑えるか見通せずにいる様子もうかがえる。

交通渋滞や通勤電車の混雑を緩和する取り組みは「交通需要マネジメント」(TDM)と呼ばれる。都などは選手や観戦客が移動する時間帯の配送や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]