/

この記事は会員限定です

企業の報酬にESGの波 偽ニュース対策など反映

[有料会員限定]

役員や従業員の報酬にESG(環境・社会・企業統治)評価を取り入れる動きが世界的に広がってきた。米フェイスブックはフェイクニュース対策の貢献度などを従業員の賞与に反映させる。日本でもオムロンコニカミノルタがESG評価を役員報酬を算定する基準に組み入れている。ESGの重要性が増すなか、報酬に反映させることで実効性を高める狙いがある。

フェイスブックは2019年前半にも従業員・役員の賞与を、フェイクニュース対策など、同社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン