/

この記事は会員限定です

新作演劇「マダム・ボルジア」上演 宮城聡芸術総監督に聞く

[有料会員限定]

静岡県舞台芸術センター(SPAC)が5月2日から、新作演劇「マダム・ボルジア」を上演する。ヴィクトル・ユゴーの戯曲でルネサンス後期のイタリアを描いた作品だが、それを戦国時代の日本に置き換える。SPACの宮城聡芸術総監督は「恋愛感情という人間の最も美しい感情を舞台上で復権させたい」と語る。

――ユゴーの原作は「ルクレツィア・ボルジア」。これを現代に舞台化する意義はどこにあるのでしょう。

「常に殺し合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン