2019年8月23日(金)

新作演劇「マダム・ボルジア」上演 宮城聡芸術総監督に聞く

2019/4/26 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県舞台芸術センター(SPAC)が5月2日から、新作演劇「マダム・ボルジア」を上演する。ヴィクトル・ユゴーの戯曲でルネサンス後期のイタリアを描いた作品だが、それを戦国時代の日本に置き換える。SPACの宮城聡芸術総監督は「恋愛感情という人間の最も美しい感情を舞台上で復権させたい」と語る。

――ユゴーの原作は「ルクレツィア・ボルジア」。これを現代に舞台化する意義はどこにあるのでしょう。

「常に殺し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。