2019年6月25日(火)

市長、原因を再調査へ 名古屋・名東の中1自殺で

中部
2019/4/26 21:45
保存
共有
印刷
その他

名古屋市名東区で2018年1月に市立中学1年の女子生徒(当時13)が自殺した問題で、河村たかし市長は26日、遺族と面会した。面会後、取材に応じた市長は自殺原因について再調査する方針を明らかにした。時期や方法は今後検討するという。

女子生徒の自殺を巡っては市教育委員会がいじめはなかったとする第三者委員会の報告書を15日に公表したが、遺族はいじめが原因として反発している。

市長は亡くなった斎藤華子さんの父、信太郎さん(47)の自宅を訪問した。

華子さんは18年1月5日に自宅マンションから転落して死亡。市教委が同月に在校生を対象にしたアンケート調査には「無視をされていたと聞いたことがある」など、いじめを示唆する記述があった。

市教委は遺族の要望を受け、同5月に弁護士や精神科医ら6人で構成する第三者委を立ち上げた。教員や一部の生徒からの聞き取り調査を進めたが、無視をするなどのいじめは認められないとした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報