県内の百貨店、大型連休 ランドセル商戦熱く

2019/4/26 21:18
保存
共有
印刷
その他

大型連休に合わせて静岡県内の百貨店がランドセル商戦を展開する。実家に帰省する孫への贈答需要が増え、消費増税を前に駆け込み需要も増えるとみる。関係者は「今年はゴールデンウイークが最大の商戦」と口をそろえる。

松坂屋静岡店では「ランドセルジャー」に扮した店員が接客する

静岡伊勢丹は例年6月ごろに始めていたが、今年は30日から。幅広いニーズに応えるため800万通りのパターンオーダーを受け付ける。授業でタブレット使用が普及するなか、A4フラットファイルと呼ばれる大きめのファイルが入るタイプが主流という。

松坂屋静岡店は昨年に続き、店員が「ランドセルジャー」にふんして使い勝手や価格帯などのアドバイスをする。担当者は「集中力のない子供にも人気で商談が進みやすい」と話す。

遠鉄百貨店は通常のランドセル売り場を4月10日に開設したが、さらに27~29日に受注販売会を初開催する。メーカー17社の担当者が売り場で自社商品をPRする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]