/

この記事は会員限定です

静岡県舞台芸術センター宮城聡総監督 「芸術は開かれたもの」

[有料会員限定]

駿府城公園(静岡市)や静岡芸術劇場(同)などで繰り広げられる「ふじのくに せかい演劇祭」が27日から始まる。今年20回目を迎える同演劇祭について、静岡県舞台芸術センター(SPAC)の宮城聡芸術総監督は「あらゆる芸術が一部の教養を持った人々の独占物と思われてしまっている。もっと開かれたものだと訴える演劇祭にしたい」と力を込める。

演劇祭の目玉として、ヴィクトル・ユゴーの戯曲を舞台化した「マダム・ボル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン