ヤマト宅配、再拡大に試練 大口荷主が他社に流出

2019/4/26 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)は26日、2020年3月期は宅配便の取扱数を3期ぶりに3.9%増やすと発表した。人手不足で総量を抑制していた体制から再び拡大にカジを切った。しかしアマゾンジャパン(東京・目黒)など大口顧客は他社に流出したまま。前提になる人員の拡大も進むかなど不安が残る。

「集配体制の強化や単価の上昇で業績は堅調に推移している」。芝崎健一副社長は26日の決算会見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]