2019年6月18日(火)

令和デモクラシーへの道 論説フェロー 芹川 洋一
縮む社会 負担分配カギ

核心
2019/5/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ふしぎなくらいに、元号とともに日本政治は動いてきた。なぜか改元のころの問題がその時代のメインテーマになるからだ。後講釈とばかりいえないほど、元号を通して見えてくる政治がある。

明治はいうまでもなく維新で、天皇を中心にした国づくりが肝だった。自由民権運動もあり、立憲制をめざした。大正改元の直後には、第1次護憲運動がおこる。大正デモクラシーの起点だ。1918年には初の本格的な政党内閣である原敬内閣が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

平成の「敗北」なぜ 企業老いて成長できず[有料会員限定]

2019/4/22 2:00

新元号「令和」に[有料会員限定]

2019/4/16付
菅官房長官が掲げて公表した新元号「令和」の墨書(1日、首相官邸)

「令和」決定、緊張の2時間 流れ決めた有識者懇[有料会員限定]

2019/4/20 2:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報