新時代の科学技術の行く末
ゲノム操作・AIの違和感

日経産業新聞
2019/5/7 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

科学技術はわたしたちの暮らしを、昨日よりも今日、今日よりも明日へと、豊かにしてくれた。が、テクノロジーが指数関数的な勢いで進化し人々をふるい落とす。人工知能やゲノム技術へは期待よりも不安や恐ろしさがまさる。新しい時代の科学技術は大きな転換点を迎えるだろう。

日経産業新聞の先端技術面では昨年10月から週に1回のペースで2030年代に世の中に登場しそうな日本発の未来技術を紹介してきた。科学技術部にい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]