/

鉄道基地で落書き、外国人ら発信 TOKYOで自分誇示?

東京で鉄道車両への落書き被害が後を絶たない。多くは外国人の犯行とされ、インターネットの交流サイト(SNS)では東京での落書きを誇示するような画像の投稿が目に付く。専門家は「国際的にポップカルチャーの発信地として知られる街を舞台に自分を誇示する狙いがある」と指摘。テロ対策が進む海外の他都市と比べ、警備の甘さを指摘する声も上がる。

色とりどりのスプレーに金網を切断できるボルトカッター、デジタルカメラ――。4月3日に来日したオーストラリア人の男のバッグからは、どこかに侵入して落書きをするためとみられる道具が多数見つかった。

警視庁は入国直後のこの男を、2018年2月に東京メトロの車両に落書きしたとする器物損壊容疑などで逮捕した。同庁の捜査の過程で男が浮上、再来日のタイミングで身柄を拘束した。同庁は今回の入国目的も落書きだったとみている。

電車への落書き被害の全国統計はないが、都内での被害が目立つ。警視庁の集計ではJRや私鉄を含め、17年1月~19年2月に少なくとも計26件発生。自分のニックネームをスプレーなどで大きく描くものなどが多い。

警視庁幹部は「落書き後すぐに帰国する外国人が多く、刑事責任の追及は容易でない」と話す。

なぜ落書きするのか。グラフィティ(落書き)文化に詳しい東京都市大の小林茂雄教授(環境心理学)は「カルチャーの中心地として評価の高い東京という街に残す狙いがある」と指摘する。

落書きを描く姿はネットで世界中に配信され、カメラマンを同行させるケースも。外国人とみられるグループは東京メトロの車両基地に侵入、スプレーで車体に巨大な文字を描く一部始終を撮影した10分弱の動画をサイトに投稿した。

動画サイトには投稿者への高評価が多く寄せられる。捜査関係者は「器物損壊や建造物侵入の罪に問われる犯罪行為。見る側も認識を改めるべきだ」と顔をしかめる。

たかが落書きと侮るべきでないと訴えるのは、テロ対策に詳しい公共政策調査会の板橋功研究センター長だ。「東京の警備の甘さを露呈している」と指摘する。

米・ニューヨークなどでは防犯カメラ増設や巡回強化といったテロへの厳重警戒の流れの中、落書きも減少した。

基地に侵入し、時間をかけて絵を描けるということはより危険な行為も可能だ。板橋センター長は「東京五輪に向けて警備のあり方を見直す必要がある」と強調する。

鉄道各社も危機感を高める。東京メトロは車両基地への侵入を防ぐため、敷地を囲む柵の改良に乗り出した。JR東日本は車両基地などに設置した防犯カメラを集中監視できるシステムを20年の東京五輪までに整備、暗闇で撮影できるカメラも導入する。担当者は「ハードの整備だけでなく、警備員の見回りなどソフト面での対応も強化していく」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン