建て放題の住宅市場、いびつさの解消を
編集委員 谷隆徳

2019/4/26 17:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家の増加が止まらない。総務省が26日に公表した住宅・土地統計調査によると、2018年の空き家の総数は846万戸と5年前に比べて3.2%増えた。まずは有効活用することが大事だが、住宅政策そのものを抜本的に見直さないとなかなか減らないだろう。政策の総動員が必要だ。

空き家は大きく2つに分かれる。賃貸や売却などの予定がある物件とそうではない「その他の住宅」だ。後者は主に将来の使い道があいまいな物件…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]