2019年7月17日(水)

「あと1年持てば生き残れた」エルピーダ坂本元社長
再編の平成3

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
2019/5/4 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かつて世界を席巻した日本の半導体業界は平成と共に表舞台から姿を消しつつある。韓国や台湾勢の追い上げや厳しい価格競争によって、日本メーカーは相次ぎ撤退を余儀なくされた。DRAM世界大手エルピーダメモリ(現米マイクロン・テクノロジー)の社長だった坂本幸雄氏は「あと1年持てば生き残れた」と当時を振り返った。

■BISの自己資本比率規制が契機に

日本の半導体メーカーは平成の前半まで世界で大きなシェアを誇っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。