2019年6月25日(火)

大阪取引所の「利益なき繁忙」 ミニ人気痛しかゆし

金融機関
関西
2019/4/26 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本取引所グループ(JPX)傘下でデリバティブ(金融派生商品)を専門に扱う大阪取引所(大取)が「利益なき繁忙」に悩んでいる。JPXが26日発表した2019年3月期の大取のデリバティブ手数料収入は111億円と前の期比5%減った。売買は活発だが、小口取引が多く収益につながっていない。「デリバティブの街」大阪復権に向け、収益力強化が急務だ。

19年3月期の売買高は前の期比3%増の3.6億枚(枚は取引単…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報