2019年8月18日(日)

牛肉の輸入制限回避、食品業界の忖度 日米交渉に配慮

2019/4/26 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

輸入牛肉のセーフガード(緊急輸入制限)の発動が当面、回避されることが決まった。2018年度の輸入(冷凍品)は前年度比13%増えたが、発動基準の「17%超」には達しなかった。発動した場合、米国産牛肉の関税が跳ね上がる。日米通商交渉が本格化するタイミングを控え、3月に牛肉関連企業が輸入を抑えたことが背景にあった。

18年末に米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)が発効し、参加国か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。