2019年6月18日(火)

「技術のオークマ」難局を打開へ、13年ぶり社長交代

自動車・機械
中部
2019/4/26 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工作機械大手のオークマは26日、13年ぶりとなる社長交代を発表した。6月に家城淳副社長(57)が社長に昇格し、花木義麿社長(76)は代表権のある会長に就く。花木氏は日本工作機械工業会の会長も務めた重鎮。生産体制の刷新や販路開拓など、厳しい競争に勝ち抜く基盤を固めた。市況に暗雲が垂れこめるなか、家城氏は難局のなかでの船出となる。

花木氏は名古屋大工学部を卒業し、1965年に入社した。当時は少数派だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報