/

この記事は会員限定です

平成の「大納会」 時価総額バブル期超え

「稼ぐ力」向上進む

(更新) [有料会員限定]

東京株式市場で26日、平成最後の取引が終わった。日経平均株価の終値は2万2258円と、昭和の末(1989年1月6日、3万0209円)から7950円(26%)下落した。平成はバブル崩壊に始まり、長引くデフレ、リーマン・ショック、その後のアベノミクスなどを経た波瀾(はらん)万丈の30年だった。

だが、ここ10年ほどは企業の「稼ぐ力」が底上げされ、統治改革も進んだ。成長企業の新規上場も多く、東証1部の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン