/

この記事は会員限定です

商業捕鯨 再開まで2カ月

「期待と不安」交錯の船出

[有料会員限定]

31年ぶりとなる商業捕鯨の再開まであと2カ月に迫った。日本は6月末に国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、7月からは日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業する。科学的データに基づき資源を管理しながら捕鯨の技、食文化の継承と、産業としての健全な成長を目指す。関係者の表情には期待も不安も入り交じりつつ、失われた30年を取り戻そうと、急ピッチで準備が進んでいる。

3月末、南極での最後の調査捕鯨を終えた船団が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン