/

この記事は会員限定です

画像の無断転載摘発サービス 福音かそれとも劇薬か

ITの法律Q&A

[有料会員限定]
日経クロストレンド
自分の写真を登録しておくとネット上の無断使用を監視・発見し、賠償金請求まで代行してくれるサービスが話題になっている。しかし、このような、いわば「権利執行の自動化」サービスは、弁護士法など既存の法秩序に触れないのか。著作権に詳しい骨董通り法律事務所 For the Artsの福井健策弁護士に聞いた。

――画像の無断利用を監視・発見して使用料を請求してくれるサービスが話題だが?

福井弁護士(以下、福井) ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン