救急車の盲導犬同乗を拒否 搬送5分遅れ、東京消防庁

2019/4/26 12:33
保存
共有
印刷
その他

東京消防庁は26日、心肺停止状態のため救急車で搬送される90代女性に、視覚障害のある家族が付き添おうとした際、「盲導犬は同乗できない」と誤った説明をし、医療機関への搬送が約5分遅れたと発表した。

現場の救急隊員に指示した総合指令室員の認識不足が原因。搬送先の医師は遅れによる容体への影響はないとみているという。救急隊長や指令室幹部が家族に謝罪した。

身体障害者補助犬法は、公共施設や公共交通機関が盲導犬の同伴を拒んではならないと定めている。

東京消防庁によると、17日午後10時ごろ、東京都練馬区内で、搬送時に家族が付き添おうとした際、総合指令室が救急隊に「盲導犬は同乗できない」と指示した。家族が「過去に同乗したことがある」と指摘し、誤りが判明した。

同庁は、総合指令室員の手引に盲導犬や介助犬は同乗できると記載するなどして再発防止を図るとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]