/

両陛下、最後の皇居外公務 「みどりの式典」出席

天皇、皇后両陛下は26日午前、憲政記念館(東京・千代田)を訪れ、内閣府主催の第13回「みどりの式典」に出席された。30日に退位を控え、天皇陛下の皇居外での公務は今回が最後。30年余にわたる在位中、皇后さまと共に望ましい象徴像を追い求められてきた陛下にとって節目となる。

会場近くの沿道には大勢の人々が両陛下の姿を一目見ようと集まった。式典に先立ち、陛下の在位30年に対する祝意として出席者から拍手が送られると、両陛下は笑顔を見せ、立ち上がって頭を下げられた。

式典では植物研究や緑化推進などの分野で功績のあった個人や団体が表彰された。両陛下は式典後のレセプションにも出席し、受賞者らと和やかに懇談された。

宮内庁によると、両陛下は27日以降は皇居で静かに過ごし、30日夕に皇居・宮殿で行われる「退位礼正殿の儀」に備えられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン