2019年5月26日(日)

強壮90製品に医薬品成分 ネットの健康食品調査

社会
2019/4/26 10:12
保存
共有
印刷
その他

海外のインターネットサイトで日本国内向けに販売されている強壮や痩身効果をうたった151の健康食品を厚生労働省が買い上げて分析した結果、90製品で医薬品成分を検出したことが26日までに分かった。健康被害の報告はないが、同省は使用中止を呼び掛け、サイトからの削除を要請している。

同省が2016年度に買い上げ、国立医薬品食品衛生研究所で成分を分析した。強壮効果を目的とした102製品のうち78製品から医薬成分を検出し、性的不能治療薬に使われる「タダラフィル」が、国内の承認医薬品の4倍以上含んでいる製品もあった。

痩身効果をうたった49製品のうち12製品からも検出。このほか、海外製医薬品の25製品のうち1製品は表示と異なる成分を含んでいた。

また国内で販売されている157製品を41道府県が買い上げて分析すると、岐阜県と京都府が購入した強壮用の計2製品から医薬成分を検出した。既に業者に販売を停止させ、回収をさせる措置を取っている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報