/

この記事は会員限定です

「組織罰」導入、遺族ら求める 法制化へ動き見えず

[有料会員限定]

2005年のJR福知山線脱線事故は、重大事故を起こした企業に刑事罰を科す「組織罰」の議論を巻き起こした。企業に安全対策を徹底させようと遺族らが導入を求めているが、法制化に向けた具体的な動きは見えない。

「安全対策や管理を怠った会社の刑事責任を問うべきだ」。20日、脱線事故の遺族ら「組織罰を実現する会」が兵庫県川西市内で開いた会合。同会代表で長女を脱線事故で亡くした大森重美さんが訴えた。

遺族らが問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン