バブルに沸いた「錦3」 変わる繁華街、浄化は道半ば

2019/4/25 22:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部最大の歓楽街、「錦3」(キンサン、名古屋市中区)。平成の初め、バブル景気に沸いた街は豪遊する人であふれた。ただ経済の落ち込みとともに店は入れ替わり、不当な料金を要求する「ぼったくり店」が急増。警察や行政は悪質な店や客引きの排除を進めるが、道半ばだ。幅広い人が訪れる街を目指し、地元商店街は取り組みを続ける。

「70坪(約230平方メートル)の土地を40億円で買いたい」。中区錦3丁目で50年以上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]