/

この記事は会員限定です

成功報酬型の医薬品、日本は出遅れ

真相深層

[有料会員限定]

効いた場合にだけ代金の支払いを求める「成功報酬型」の医薬品が欧米で増えている。薬の価格上昇が進む中、医療費を抑えたい政府や保険会社などと、薬を浸透させたい製薬企業の思惑が一致しているためだ。一方、日本で採用しようとする動きは鈍い。遺伝子治療薬などの高額な薬の登場が今後日本でも相次ぐだけに、導入を要望する声は強まっている。

「待ち望んでいた日がついにきた。治療のめどがつくかもしれない」

関西在住で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン