成功報酬型の医薬品、日本は出遅れ
真相深層

2019/4/25 21:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

効いた場合にだけ代金の支払いを求める「成功報酬型」の医薬品が欧米で増えている。薬の価格上昇が進む中、医療費を抑えたい政府や保険会社などと、薬を浸透させたい製薬企業の思惑が一致しているためだ。一方、日本で採用しようとする動きは鈍い。遺伝子治療薬などの高額な薬の登場が今後日本でも相次ぐだけに、導入を要望する声は強まっている。

「待ち望んでいた日がついにきた。治療のめどがつくかもしれない」

関西在住で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]