2019年9月15日(日)

外食全店売上高、2.8%増 単価増、客数は8カ月ぶり減
日本フードサービス協会

2019/4/25 20:04
保存
共有
印刷
その他

日本フードサービス協会(東京・港)が発表した3月の外食企業の国内売上高(全店ベース)は前年同月比2.8%増えた。前年超えは31カ月連続。客単価が3.5%増と伸びをけん引した。季節商品や一部業態の価格改定などが押し上げている。一方でファストフードで前年のキャンペーンの反動減もあり、全体の客数は8カ月ぶりに前年実績を下回った。

ファストフードは牛丼やハンバーガーなどで客数、客単価ともに前年実績を上回り売上高は3.4%増だった。期間限定メニューや新たなサイズ追加などで、単価の高い商品にも注文が集まった。

ファミリーレストランでは客数は前年と変わらず、客単価が伸び売上高は2.3%増となった。メニュー改定やセット商品などが単価を押し上げた。パブ・居酒屋では客数が0.8%増、客単価は0.4%増だった。花見シーズンだった月後半は冷え込んだが、前半に客数を確保した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。