/

この記事は会員限定です

神戸港、巨港の影なく 空路が訪日の玄関に成長

[有料会員限定]

3月中旬、神戸港に日中国際フェリー(大阪市)が運航する上海―神戸間のフェリーが到着した。運び出されたコンテナには、京都に本社を置く洋傘メーカーのムーンバットが関東の百貨店などに卸す洋傘があった。

本来なら横浜港に到着するところ、あえて神戸港に荷揚げして東京都まで列車で輸送する。関東での災害などを想定し、関東向けの輸入貨物の代替ルートとして、神戸港を活用する実証実験だ。

神戸港が復権に取り組んでいる。2018年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン